宇都宮健児さん(弁護士・元日本弁護士連合会会長・

           希望のまち東京をつくる会代表)

 はら千代さんは、わたしが主催する「うつけんゼミ」の1期生であり、何事にも真正面から情熱を持って取り組む優秀なゼミ生でした。

 はら千代さんなら、必ず一人ひとりの八王子市民の悩み事や困り事を真剣に受け止め、市民とともに市民に寄り添う八王子市政を実現するために、全力を尽くしてくれるものと確信しています。

 

申きよんさん

(一般社団法人パリテ・アカデミー共同代表

 お茶の水女子大学 准教授

はらさんの人に対する優しさ、正しいことへの心強よさ、女性や社会的弱者達のためのコミットメントを応援します。

はらさんは、女性のための政治リーダー養成アカデミー「パリテ・アカデミー」の一期生でした。一人一人に繋がる本当の政治、はらさんならきっと実現できます!

 

 

山本太郎さん(参議院議員)

 

はら千代さんは、「困っているひとを見捨てない」

八王子市のみなさんのセーフティーネットです。

 

いがらしみきおさん(漫画家)

はら千代さんとは知り合ってからもう16年ぐらいになります。なんと言っても一本気な人で、困っている人を見ると助けの手を差し延べずにはいられない人です。

がんばれ!!千代ちゃん!!

 

 

 

 復本一郎さん(国文学者)

 はら千代さんは、宗左近先生の愛弟子として私の前に現れた。

私の俳句仲間である。

そして、正義感の強い、行動力のある方だとは思っていたが。

正直、びっくりしている。

私などの計り知れない世界である。

不退転の決意の結果であろう。

頑張って邁進されんことを願っている。

 

白石孝さん(NPO 法人

      官製ワーキングプア研究会理事長)

はら千代さんは、様々な分野に関心を持ち、具体的にも関わっています。これはとても大事な資質です。八王子には様々な人が暮らし、働いています。その幅広い方々と繋がれる大きな可能性があるということです。

人は誰でも完ぺきではありません。ただ、自分の殻に閉じこもったり、自分の価値観を絶対として押しつけたりすることではなく、相手の話しや状況を聞き、そしてキャッチボールしながら、お互いを高め合うことが大切です。そういう「伸びしろ」をはら千代さんは持っていると思います。皆さん、期待して、応援してください。

 

よだ かれんさん

行政書士・元男性ミュージカル俳優

千代さんとは、政治を学ぶ連続講座の中で出会いました。 ある回の中で各自が政策を発表する機会があったのですが、 私は入念な準備を重ねてきたにもかかわらず、課題と異なったテーマになっているということで、 講師により発表者のリストから外されてしまいました。 そのとき、私がなんとか発表できるよう講師に進言してくれたのが、千代さんでした。 講師に対して失礼にならないよう、絶妙なタイミングで、絶妙なお言葉で。 彼女の「困っているひとによりそいます」という政策を目にしたとき、あの日の出来事が記憶から蘇りました。 熱き志を胸に秘めつつ、 困っているひとのために温かな心配りとバランス感覚を持って、元気いっぱいに活動に臨まれることと確信しております。

 

 

 

たからしげるさん(児童文学作家)

かつて新聞記者と児童書作家という二足のわらじ生活をしていたとき、はら千代さんには何度も、児童書の書評原稿を書いていただきました。

常に子どもたちの目線に沿って、物語の掴みどころや絵本の楽しみ方を探り出し、紙面作りに貢献してくださったはらさんの、新聞読者と子どもたちに寄り添う凛とした姿勢は、弱者に味方し、強者に屈しない、理想の民意の橋渡し人としての資質を垣間見せてくれていたのではないかと思います。